トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

Honeymoon on Mars / Sleepy Joe Tomato

10892636_155_155

 

アルバム:Honeymoon on Mars 
アーティスト:Sleepy Joe Tomato

  

 
夜の海辺にリクライニングチェア。大きなヤシの木の下で波の音を聞きながら
ギター持って弾き語りしてる感じ。
大事なのは月明かりだけのシチュエーション。人工的な明かりはダメよ。
歌は決してうまくないのに味がある。
まさにハネムーンで海外リゾートに来ましたって雰囲気。
でもタイトル見ると火星までハネムーンで行っちゃってるから一筋縄では行かね〜ゾ。
二人で聴くも良し、一人でリラックスして聴くも良し、ビーチボーイズばりの
コーラスなんかで気分もホッとする事間違い無し!
1曲やる気の無いサーフィンサファリあるけどね・・・
夜、月明かりがきれいな海に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・だ〜から、月明かりの下の海岸だってば!それ以外無し

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 これも売ってね〜のか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

Sublety And Passion / Robert Lamm

10812742_155_155

 

アルバム:Sublety And Passion 
アーティスト:Robert Lamm

  

 
このホーンセクション!30〜40代の人には懐かしさ満載じゃないか? 
Robert LammといえばChicago。そう、このホーンセクションも正にChicago。
でね〜ここからがポイント。
「売れ売れだった頃のChicagoより全然曲の出来が良いぞ!」いや本当に。
感触としてはしっとり。彼女ウットリ。おいらマッタリ。てな感じ(←どんなんだよ!)
若い兄ちゃんには作れない大人感漂うビールじゃなくワインな1枚。
特に"I Could Tell You Secrets"、"For you Kate"、"It's A Groove, This Life"は秀逸。
素直になれなかった君に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・寝台列車で朝を迎えたら窓の外には海。朝日がまぶしい時。
 ・休日の昼下がり図書館の中で。
 ・冬も終わりそろそろ春の気配。「外が暖かくて気持ちいいね」って
  言い合える相手がそばに居る幸せ・・・な時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 Subtlety & Passion 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

Walkin' My Planet / Cult Of Soul

10813067_155_155

 

アルバム:Walkin' My Planet 
アーティスト:Cult Of Soul

  

 
ジャケにも漂うこのクールな感じは何だ?
一見ムサイ野郎が6人も歩いててうっとうしいハズなのにファッションセンスが原因なのか、それともこれからライブで決めるゼてな雰囲気でステージに向かうような雰囲気が醸しているのかカッチョイイね。 
で、これまた曲がクール。基本はAcidJazzなノリで攻めるが、コイツらは「歌」を忘れてない。
スローめな曲でそれは顕著だがコーラスワークも実はしっかりしてるし、適度なラップがかっこよさを引き立ててるんだな。
打ち込みじゃ無くて極力生音を使うこだわり
全然名は知られてないと思うけど、こういうのを家で流していれば彼女も思わず「何かカッコイイ」と評価2割増しになること請け合い。
というわけモテタイ男に・・・a mustな1枚

■お薦めのシチュエーション■
 ・サラリーマンなんだけど営業周りにサングラスかけていくような人に
 ・都会の高速道路(←あえて首都高とは言わない)を夜一人でドライブしながら
 ・高層ビルにあるオフィス。今日も最後まで残っているのは社長の俺。
  仕事が終わって明かりを消すと摩天楼の光が窓越しに見える。
  俺は帰るでも無くただタバコをふかしながらその景色を眺める・・・時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
これまたAmazonじゃ売ってね〜や! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

Sometimes Late at Night / Carole Bayer Sager

10747148_155_155

 

アルバム:Sometimes Late at Night 
アーティスト:Carole Bayer Sager

  

 
プロデュースがバート・バカラックですぜ旦那。
最初っから出来はお墨付きってもんだ。
え?何?バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーは夫婦だった?
ふ〜ん、だからこんなに甘々ラブラブな雰囲気なのね。
ゲストもそうそうたるもんで、リー・リトナー、デビッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、スティーブ・ルカサーなどなど、プロデューサーにはマイケル・ジャクソンの名前もあるじゃないか!ポ〜ゥ!(←意味無し)
ゲストを見て分かる通りもの凄く質の高いAOR、バカラック節の人の心をグイッと掴んで離さないメロディもあり捨て曲無し!
とにかく歌に感動したい人の為の・・・a mustな1枚

■お薦めのシチュエーション■
 ・「愛とは何か」を確かめたくなった時
 ・夕方海辺で沈み行く太陽と波を見ながら
 ・勇気を振り絞ってプロポーズする彼氏に対して
  「うん」とだけ恥ずかしそうに答える彼女・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 真夜中にくちづけ
(←そんな邦題だったのか!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

Simplified / Simply Red

10875693_155_155

 

アルバム:Simplified 
アーティスト:Simply Red

  

 

いい歳の取り方してんね〜!
シンプリー・レッドって昔からアルバムに最高の1曲がありつつつまんね〜曲も豊富で買うのに躊躇するバンドだったのよ。
でも最近分かったんだがそれってアレンジのせいでもあったのね。
このSimplified、オリジナルもカバーも自分なりの新しい解釈でアレンジし直したみたい。
・・・で、これが良いのよ。大人にしか出せない深みや渋みが出ていて、曲によっては「シナトラにでもなりたいのか!?」って思わせる程に盛り上げ上手。
昔はツマンネ〜って思ってた曲がアラびっくり、素敵に生まれ変わってるじゃん。
実は結構いいメロディしてたのねと見直すこと請け合い。
すっかり大人になったあなたに・・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・ゴージャスでは無く格調を重んじる屋敷に住んでる人に
 ・ディズニーランドのきらめく世界でスローモーションになった瞬間に
 ・私とあなたは映画の主人公、テーマはもちろん愛、色々あったけどさっき
  ハッピーエンドでクランクアップしたばかりなの・・(特に"Smile")

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Simplified
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

The Loyal / Tiger Lou

10947719_155_155

 

アルバム:The Loyal 
アーティスト:Tiger Lou

  

 

寒い・・・
何がって、そのサウンドが。
つまんね〜って意味じゃないから勘違いすんなよ。
例えば初期U2なんかは聴いてて「マジで体が寒い」って感じる音だったけど、このTiger Louはどちらかというと「心が寒い」って感じ。
決して晴れることの無い心の叫びがヴォーカルの切ない裏声に現れているようだ。
曲自体はしっかり日本人の琴線をグイっと掴むメロディを持ってるし、ギターもエッジが効いてて飽きのこない作り。
これから冬に向けて独り身決定なあなたに・・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・ナルシストな人が一人落ち込む時に
 ・曇り空が続いて「降るんなら降れよ!」って思った時
 ・そうこうしてたら雪が降り始めちまったよ!な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 The Loyal
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

紹介制度でオトク!?

このブログを見て「おっしゃEMUSIC始めてみっか!」と思ったそこのキミ!
EMUSICには紹介サービスがあるらしく、例えば私がキミを紹介して、Sign Upしてくれた場合、キミに25曲分のダウンロード権がタダで追加されるのだ!
でもって紹介したオイラには50曲の権利が追加されるという・・・ヘヘヘヘこれでワシのダウンロード権が増え続けるって〜魂胆だ(←おぃおぃ)
お互いに損は無いこのサービス。
是非というステキな人がいれば連絡くだされ〜〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

When God Made A Woman / Joseph Washington

10949119_155_155

 

アルバム:When God Made A Woman 
アーティスト:Joseph Washington

  

 


もろに甘茶ソウル。
甘茶のキーワード「雨音」、「電話」、「」ちゃんと押さえてて抜け目なし。
ジャケのやり過ぎ感漂う気取り具合、わかりやす過ぎるタイトル、如何に臭い
セリフをストレートに伝えるかにコダワリましたとか言いそうなアルバムだな。
全編ミディアム〜スローな曲で二人の愛のBGMを奏でますてなもんだ。
Track 9〜10への流れはエロ過ぎ。
愛し合う二人に欲しい1枚・・・a must.
ゆっくりグラインドであなたはもう芯棒玉乱。

■お薦めのシチュエーション■
 ・もちろん彼女(彼氏)とベッドの上で
 ・寂しい自分を演出しながら彼女を口説く時
 ・冬の寒い日、暖炉の前にあるソファに二人で腰掛け、一つの毛布を肩から
  お互いにかかるように掛けていちゃついてる時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
おろ?Amazonじゃ売ってね〜や 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

Coming Home / Brooke

10810790_155_155

 

アルバム:Coming Home 
アーティスト:Brooke

  

 

2003年リリースのこのアルバム。
20%のラップテイストに90%のポップなメロディを乗せてます(←100%超えてんじゃね〜か!)
スタイルは新しめなのにメロディは80年代を彷彿させたりして世の30代にも受けるんじゃないか?
本人もその頃の曲に影響を受けているようでシンディ・ローパーの"Time after time"をカバーしてたり。あ、今「俺はフーターズのセルフカバーの方が好きだな」と言ったアンタは通だ!
その中でも"Coming Home"の出来は秀逸。
誰もが前向きに顔を上げる事が出来る優れソング。
現在進行形で青春まっただ中な人にとって、a mustな1枚。

■お薦めのシチュエーション■
 ・付き合い始めて幸せまっただ中、不安なんて1つもない二人に
 ・フットルースとかフラッシュダンスを聴きながら「あの頃は良かった」とか
  言っている人たちに「2000年代も捨てたもんじゃないぜ」と聴かせる
 ・昼間ちょっと開けた町並みを大股で歩く時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 カミング・ホーム(通常盤)(CCCD)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

...that great October sound / Thomas Dybdahl

10858247_155_155

 

アルバム:...that great October sound
アーティスト:Thomas Dybdahl

  

 

これってジャンルだとカントリーとかに分類されるんか?
しかしカントリー特有の能天気さなんかこのアルバムには微塵もない
ノルウェー出身。性格は暗くて基本的に無口なんだろな。
でもってたま〜に口にする一言がやけに深みがあるって感じだ。
そしてカントリーウェスタンなバーで一人酒を飲みながら静かにステージに立つのよ。
な、なんだコイツは・・!?」と客が警戒する中、コイツが歌い始めた途端皆その声に震え上がる
気がつけばバンドメンバーが控えめ且つ的確にバックを固め始める。
ブラシで刻むドラム、ウッドベース、出過ぎない女性バックヴォーカル、スライドギター。
全てはThomas Dybdahlの「」を引き立てる為にある。
演奏が終わった後にはスタンディングオベーション。a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・だだっ広い牧場のど真ん中で、夕暮れ一人思いにふける時
 ・寂れたバーでただ一人酔いつぶれるまで飲みあかす時
 ・無一文になってダメな自分を見つめ直しつつも希望は失わずニヤリと笑ってやる瞬間

■EMUSIC入ってない人はここで■
 That Great October Sound  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

Not My Fault / Ben Lee Tyler

10929169_155_155_2

 

アルバム:Not My Fault
アーティスト:Ben Lee Tyler

  

 

「俺のせいじゃないよ〜」って意味なのか?このタイトル。
だとするとメチャメチャ情けない曲っぽいんだが・・・
などという先入観は無くして、この泣きのロックを聞きなさい。
まだ世に出ている曲はこの2曲しか無いっぽいんだが、このNot My Fault 1曲だけでもの凄く可能性を感じさせますな。
雰囲気としては「凍てつく」とか「孤独」とか「戦う」といった言葉が似合うようなロック。
ここに恋愛感情なんて物は微塵も無さそうだな。歌詞良く聞いてね〜けど。
戦う男に必要な1曲・・・a must.

※どうもEMUSICでダウンロードすると曲の頭にノイズが入っちゃってるみたい、データ直してくれ〜!

■お薦めのシチュエーション■
 ・試合前に自分を奮い立たせたい時
 ・誰かを助けるために走って向かっている途中
 ・友に別れを告げ一人旅に出る、これから先に待っているものは孤独な戦い

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Not My Fault

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

On A Journey / Marie N

10929229_155_155

アルバム:On A Journey
アーティスト:Marie N 

  

 

世のOLさん達はこれ聞きなさい。
ワークシャイが好きな人、これ聞きなさい。
ちょっと照れくさいくらいAOR。
程よくJAZZのテイストも含み、サラッとBGMで流せるようなサウンドだがかなり心をグイッと掴むメロディが詰まってるんだな。
もの静かなピアノの弾き語りで泣かせる曲あり、小粋なJAZZあり、王道AORありで・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・中央高速に乗ったはいいが、ここでユーミンの中央フリーウェイは恥ずかしいな〜な時。
 ・アダルトな女性がちょっとかわいいイタズラをしちゃう時
 ・あの人とつきあい始めてもう2年、でも私の心は満たされぬまま・・だってあの人には妻がいるの。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 On a Journey

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

Gib mir / Diazpora

10948064_155_155_1

 

アルバム:Gib mir
アーティスト:Diazpora

  

 

ありゃ、英語圏の人たちじゃないね、このバンド。ドイツの模様。
しかし、なんだこのカッコよさは!
女性ボーカル物でここまでクールなサウンドに徹底しているのも珍しい。
曲はAcidJazzやファンクといったジャンルになると思うが切れの良いホーンセクションやドラム、ギターカッティングなんかがこのクールさを生んでるんだな。
まだデビューしたてらしくこのミニアルバムしか出てないんだけど要注目ですな。
ちなみにこのバンド女性1名+男性10名!構成らしい。この音出すのにそんなにいるか?
という疑問を持ちつつも・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・私は女探偵、今回の事件はよく走らされるわね・・・な時。
 ・ルパン三世の挿入歌として

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
ありゃ、Amazonじゃ売ってね〜や

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

Set The Tone LP / Nate James

10895413_155_155

 

アルバム:Set The Tone LP
アーティスト:Nate James

  

 

それじゃ〜最初のEMUSICお薦めアーティストを・・・っておぃおぃNate Jamesかよ!
今やバリバリメジャーじゃん!
そ〜なのよ、EMUSICは才能や可能性の宝庫。
明日のBigStarもアップされてたりする訳だ。
で、このNate JamesのファーストをEMUSICで発見した時はおいら震えたね。
感触としてはJamiroquaiのファーストを初めて聞いた時に近いな。
朝から夜までオールマイティに対応出来るこのアルバム。a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・ビシッと白スーツで決めた4人組の男が踊りながら女を口説く様子
 ・バイクにエンジンをかけ首都高を抜けて高原までひた走る
 ・意味も無く腰を振っているヤツを見かけた時のBGM

■EMUSIC入ってない人はここで■
セット・ザ・トーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぁ、みんな!

世の中にはたくさんの音楽があるケド、EMUSICってサービス知ってる?
おいらは数年前からここにズッパマリです。
昔CDを買いまくってたおいらだけど、家計がピンチでしょ〜!って事で「安い!」「ウマイ!」「速い!」な音楽配信サービスを探してたのよ。
そこでEMUSIC。
海外で提供されてる音楽配信サービスは安い!でも大抵のサイトは日本のクレジットカードお断り!なのよ・・・でもEMUSICはOK。
今おいらが入ってるサービスは月額$19.99で90曲ダウンロードOKって言うサービス。日本でCD1枚分くらいの値段で90曲ですよア〜タ!
これで私CD買うの止めました。
もちろんメジャー所が揃ってる訳じゃないし、日本語の解説が付いてる訳でもない。
でもね、ここを利用して分かったのよ。
世の中には腐る程素敵な音楽があるんだ〜!ってね。
で、ど〜にもこの知られてない素敵な音楽を皆に伝えていきたいって思ったからこんなブログを書くことにした。

ヨロシクッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年10月 »