« 2006年9月 | トップページ

2006年10月27日 (金)

Outubro / Azymuth

10961297_155_155

 

アルバム:Outubro 
アーティスト:Azymuth 

  

 
やった、ついにやったぜEMUSIC!
Azymuthのアルバムは結構揃ってるEMUSICだったんだが、このOutubroとLight as a featherの2枚はなぜかアップされてなかったのだ。
それが今回ついにアップ。おいらはコレをもの凄く切望していたのだ。
何故って?そりゃアンタ、クロスオーバーイレブンだからでしょ。
その昔、NHK FMで平日夜11時から始まるクロスオーバーイレブンを聴くのが日課だったおいらにとってオープニングテーマである"Fly over the horizon"は超想い出の曲。
もう出だしを聴いただけで津嘉山 正種の声が聞こえてくる。

街も深い眠りに入り
今日もまた 一日が終わろうとしています・・

なんてね。
原曲はLight as a featherに収録されている方だけど、Outubroを選んでるのはこの中のFly over the horizonはちゃんと最後まで演奏したテイクになってるから。
エンディングで使われてたOctoberも入ってるしね。
この1曲だけは夜の都会に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夜11時から
 ・夜の高速道路で摩天楼をバックに滑るように駆け抜ける時
 ・寝る前にちょっとしたショートストーリーを語りたくなった時 

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Outubro

| | コメント (20) | トラックバック (2)

2006年10月22日 (日)

Borne / Borne

10870082_155_155

 

アルバム:Borne 
アーティスト:Borne 

  

 
とりあえず最初に聞いとくがコイツは女?それとも男?
声だけ聞くと間違いなく女。
でも昔AirSupplyのように女みてぇな声出す男いたからなぁ・・・
とWEBサイトで検索しまくるも殆ど情報無いのよコレ。
このアルバムの出来を見る限り結構な才能を持ってると思うんだけどな。
で、色々探してたらMichael Mewborneなる人物を発見。
このアルバムの曲を書いてるってことから見つけたんだが、どうやら本人のようだ。
というわけででした。
基本的にはアコギ中心のちょっと年齢層は高めのロック。
"It's Not Enough"なんかは傷ついた若者のようなメロディを奏でつつも途中のブレイクで救われるようなフレーズを入れたりとやはり曲の作り方は勝手知ったる大人だ。
元々女だと思ってたから骨太なロックやるね〜なんて思ってたけど、男だって分かった途端「もう少し太い声出せやコラァ!」などと勝手な事を思っちったよ。
目をつぶって女だと思ってみ?ほらね・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・遥かなる大地をグルッと一周眺めている時
 ・土煙舞う砂漠で
 ・新しいガールズロックを味わいたい時(←だから違うって!)

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Borne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

Waltz For Debby / Bill Evans

10591685_155_155

 

アルバム:Waltz For Debby 
アーティスト:Bill Evans 

  

 
誰もが知るJAZZの超名盤、ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーだ!
おいらは決してJAZZを語れる程聴いてる訳じゃないがコイツはもう別格。
世の中の雰囲気の良い喫茶店には常備されてるに違いない。
それほどまでに気持ちが良くて、スウィングしてて、ちょっと悲しくて・・・
秋の落ち葉が似合う最高のアルバムだ!
普段JAZZを聴かない人もこれは聴いておくべし。
さらにBill Evans好きなアナタ、EMUSICには40枚以上のBill Evansアルバムがあるぞ!
JAZZピアノの神・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・秋の紅葉シーズンに落ち着いた喫茶店でコーヒー飲みながら
 ・今夜は二人でちょっと高めのディナーを・・・な時
  (何故か飯がうまく感じる効果もアリ)
 ・箱根彫刻の森美術館で

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Waltz for Debby

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Emilio Santiago / Emilio Santiago

10892969_155_155_1

 

アルバム:Emilio Santiago 
アーティスト:Emilio Santiago 

  

 
なんといってもこの声!低くてよく通る、しかもセクシー
サウンドはボサノバをベースとした大人のポップ
雰囲気的にはDJAVANのようなブラジル系。
夏の太陽の下、湿度は低く気持ちの良い風が吹いている感じ。
しかしTrack3と10のスローな2曲は何ともイヤラシイ
他人が歌えば全然そんな事は無いと思うがコイツが歌うと・・・いやらすぃ
声のカリスマを感じたい貴女に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夏の太陽を浴びながらもちょっと涼しい・・そんな日に
 ・沈み行く太陽を見ながらHな事を考えてる二人に
 ・いやいやもっとクリーンですよ、昼食をルンルン気分で作りながら

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Emilio Santiago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

メンテナンスって大変

丸二日間48時間メンテナンスか・・・
お疲れお疲れ>ココログスタッフの方々
おいらもこういったメンテナンスを実行するような所で働いてるからその大変さはわかるぞよウンウン。
でも使う側であるここでは「ま〜だメンテ中かよ〜!早くしてくれよ〜」と勝手な事を考えとります。
いやはや立場変わると考えも変わる、人間っていいかげんねぇ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

Copasetik & Cool / Hil St. Soul

10826000_155_155

 

アルバム:Copasetik & Cool 
アーティスト:Hil St. Soul 

  

 
ベースラインがセクシーだねぇ。
確実に腰が揺れるグルーヴ感、ゴスペル育ち(かどうか知らんが)の声、どれをとってもメジャー級
アイズレーのほぼ原曲に忠実なカバーも如何にリスペクトしているかが分かる。
てか"For the Love of You"のカバーかよ〜!もうおいらノックアウト。
Alrightのブレイクからサビに続く展開なんかゾクゾクもんだ。
おいら的なクライマックスは"pieces"で早くも到達。
これ聴きながら笑い泣きするような感情に見舞われるのだ。
ゆるめのグルーヴで踊りたい時に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・ちょっと年齢高めの集まるクラブで。
 ・嬉しくて泣きたい気持ちの時に"Pieces"
 ・夜の六本木。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Copasetik & Cool
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

Napsterはやっぱり

どうやらNapsterはJ○ccsのVISAカードが通らないらしい。
会社の同僚も同じ症状で登録出来なかった模様。
でもってその後色々と聞いたり、読んだりしたところ・・・
Napsterの基本サービスって期間制限アリの聞き放題サービスなのね。
ずっと取っておけるのはアラカルトとか言うサービスの方で、これは普通に1曲幾らで買い取るタイプ。
しかも210円平均って高くね〜か
まぁ、一過性で流行ものをその都度聞ければいい人に取っては最高のサービス。
でもおいらのように、行く行くは子供にも聞かせちゃろうって考えてるようなコレクターには不向き。

というわけで・・・やっぱEMUSICでいくわ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

Modern Gameplay / sprites

10954507_155_155

 

アルバム:Modern Gameplay 
アーティスト:sprites 

  

 
スプライツのこのアルバムに入っている1曲がネットで密かに話題になってるらしい。
その名も"I Started A Blog Nobody Read"、誰も読まないブログ始めたよ・・・ってそれこのブログみたいですからっ!!
ついに曲の歌詞にブログって単語が出る時代になったんだな〜(シミジミ)
ちょっと前に歌詞で"ダブダブダブホゲホゲドッコ〜ム"なんて歌ってるのを聞いて「お〜歌ん中でURL言ってるよ〜!」と興奮したかと思いきや今やブログ。
曲はアルバム全編通して純粋無垢なギターポップ
歌詞はHi-Fiだけど曲はLo-Fiみたいなギャップがほのぼの感を増幅してて意味も無く顔がニヤける感じ。
そして何とこの歌詞の訳詞を載せてるサイトがあった!
おいらも好きなアルバム100枚紹介目指すかw
ギタポアルバムとしての出来は佳作レベルなので・・・NOT a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・おしゃれとは無縁な学生連中が原っぱへ遊びに行く時。
 ・ブログに客が来なくてちょっと寂しい時。(←俺だ!) 
 ・学校の宿題が終わってないんだけど、つい遊んじゃうこの瞬間。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Modern Gameplay
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月14日 (土)

Gosto Tanto / Edson & Tita

10892962_155_155

 

アルバム:Gosto Tanto 
アーティスト:Edson & Tita 

  

 
ボサノバって休日だよな!(キッパリ)
ボサノバ聴いて泣くとか興奮するとかってまず聞いた事無い。
BGMとして鳴ってて最高に気持ちのいいJAZZサンバ
ともすればその気持ちよさ故に記憶にも残らない事の多いボサノバというジャンル。
間違いなくこのEdson & Titaに関してもお昼にお茶をすすりながら流すのに最高のサウンドである。
それじゃ記憶に残るようなアルバムなのか!?
曲はそれぞれキャッチーなメロディを含んでるので歌としても分かりやすい。
でも何故か記憶に残らないんだよな〜、なんでだろ?
日曜の昼に最高のBGM・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・休日オープンテラスの喫茶店で。
 ・休日お庭の手入れをしながら。 
 ・休日森の中でハンモックに揺られながら。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

Beta / Hotspur

10954290_155_155

 

アルバム:Beta 
アーティスト:Hotspur 

  

 
なんだか温かそうなバンド名だな。(←それはSpaじゃ・・・)
Hotspurは訳すと「向こう見ず」らしい。
曲を聴いて納得。まるで若さが暴走しているようなサウンド。
オルタナ系ではあるもののメロディセンスが抜群にいいので来年のフジロックなんかに出てそうだな。
どうやらデビューアルバムのようで知名度は全く無いが、このハードドライブ感、緩い曲は一切入れない潔さ、全ての曲を4分未満に抑えながらも必ずその中にグイッと引きつけるキャッチーなメロディを盛り込んで破壊力十分な1枚になっている。 
大人なんか大っ嫌いな反抗期の君に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・社会の仕組みってヤツに納得がいかず校舎を飛び出した瞬間。
 ・黒のレザーもしくはスーツでビシッとキメた男5人くらいが横並びで路を歩く時(どんな集まりか知らんが・・)
 ・殆ど首都高バトルな勢いでドライブしている時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

1曲目のインパクトが大事

Nav2on
EMUSICがひと月にアップするアルバムの数はシングル、ミニアルバム含めてざっと1万枚!
例えば今"New this month"コーナーをみるとリンクが798となっている。
1ページあたり15枚のアルバムが掲載されているから798x15=11970枚なわけだ。
もちろん世に出ているメジャーアルバムはさらにゴマンとあるだろうから如何に世の中CDだらけかってことが分かる。
俺たちはよく有名アーティストを見て「あんな風になりて〜な〜」とか、「あれくらいの曲なら寝ながらでも書けるゼ」なんて事をほざいたりする。
でもね、こんだけ世の中に曲があふれていると余程突出した何かが無いとヒットはおろかデビューすら出来ないんだろな。
おいらは音楽業界の人では無いんだが、このEMUSICにアップされる新譜をチェックするのにかける時間はアルバム1枚あたり平均1〜2分くらい。
試聴時間が30秒ってのもあるけど、頭の10数秒を2,3曲流してピンとくるかどうかが勝負。
もちろんカテゴリ的に受け付けないものは聴かずに飛ばしちゃうけどね。
恐らく世の音楽をお仕事にしているプロデューサーなんかも、デビューを目指してるアーティスト達を同じように聞き流しながらピンとくるかどうかで見極めてるんじゃないかな。
それで考えると作品って1曲目のインパクトがもの凄く大事だよな。
何せ2曲目を聴いてもらえるかどうかは1曲目にかかってるから。
一番自信のある曲は最後に持ってきましたとかだと聴いてもらえないかもよ。
今デビューを目指してる人とか、これからアルバムを出そうとしてる人は1曲目を大事にするべし!
・・・って、別に業界の人じゃ無いから全然違うかもしれんけどね( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

Black Box / Jann Klose

10813370_155_155

 

アルバム:Black Box 
アーティスト:Jann Klose

  

 
Jann Kloseの最新ミニアルバム。
最新といっても2004年リリースだからいい加減フルアルバム出して欲しいところだな。
ジャンルとしてはカントリーになるかもしれんがジャズやブルースのエッセンスが効いててそこらのフォーク・カントリーとは違いまっせ!
しかも声がいいよ。すんげ〜よく通る声で色気もある。
"It's not the way"聴いてみなさい、世の女性は確実に溶けます(←溶けるんかい!)
しかしミニアルバム、これだけでは生殺しだから・・・Not a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・マッチョなイケメンに周りを囲まれて挑発されるようなお店で。
 ・何故かアイツの動きが不穏だ。そこで俺はアイツの本性を暴くべくちょっとした罠をしかけてみたのさ。
  果たして白か黒か・・・どっちだ!な時
 ・東京で毒されかけた心を救ってくれたのはやっぱり生まれ故郷の皆だった。
  そして俺は帰ってきた・・な時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonには無いね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

Subtitulo / Josh Rouse

10909040_155_155

 

アルバム:Subtitulo 
アーティスト:Josh Rouse

  

 
今や日本でも作品がリリースされ始め、メジャーへの階段を上り始めたジョシュ・ラウズ2006年3月リリースのアルバム。
夏でもなければ冬でもない、全編通して暖かい風が吹いてるようなアルバム。
特に1曲目の"Quiet Town"、俺が倉本 聰だったら「北の国から」で北海道に春がやってくるシーンで使うな、ウン絶対使う。
この暖かさはアコギのアルペジオをバックに歌うジョシュ・ラウズのメロディが優しさに満ちてるからに違いない。
全10曲全てが2分から3分台で結構あっけなく終わってしまう所も春や秋の短さが出てるね(←酔い過ぎ)
元々いいメロディを書くヤツだったんだけど、このアルバムでその才能が一気に花開いたと断言する!
スペインでの影響がこんなにもメロディを暖かくするのなら俺も行きて〜!
既に心穏やかな人に対するリラクゼーションミュージック・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・春!
 ・故郷の田舎にある山で子供たちと一緒に遊んでる幸せ家族。
 ・港町で朝散歩してたらおばあちゃんから声をかけられた。
  「おはようさん、朝早くにお出かけかい?それじゃこれ持ってけ」
  アジの干物だった。昼に腹が減った俺は一口その干物を口へ・・・
  「うめぇよ、ばあちゃん」
  それだけの事、でも心に暖かいものを感じた・・・時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Subtitulo
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

サンプルの聴き方

Main_us

もしかして・・ここで紹介している曲のサンプルが聴けるのって皆知らなかったりする?
しもたな〜最初に書いときゃ良かったよ!
ここで紹介してるアルバム、記事中のアルバム名をクリックするとEMUSICのページに飛ぶのよ。
で、そのページを見ると曲一覧が出てて、左側にListen_1
こんなマークが付いてる。
これをクリックすると30秒試聴出来るんだな。
もちろんEMUSICに登録してなくても試聴は出来るよん。

とにかく気になった曲は聴いてみるのだ〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

Harry's Bar / Gordon Haskell

10861523_155_155

 

アルバム:Harry's Bar 
アーティスト:Gordon Haskell

  

 
EMUSICで出会えて本当に良かったと思える1枚。
某SNSでも同じレビュー載せてるけどやっぱ紹介せずにはいられない。
まず「元キング・クリムゾン」という肩書きは完全に忘れて「初期ボビー・コールドウェルのお友達」くらいに考えて聞くべし!(←そりゃ無茶か!?)
要はJazzのエッセンスを加えた歌謡曲。(←そりゃAORだ!)
このアルバムを一言で表現すると「いぶし銀
この風貌からどんな音を出しそうか想像してみましょう。
ハイ、それ正解。見たまんまの渋い大人がバーでひっそり聴いてるような音。
一番のお勧めは「All In The Scheme Of Things
JR東日本のCMにでも使われそうな上品さと、大人の哀愁がこれでもかと言わんばかりに漂うのである。
こんなオヤジに憧れる世の大人に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・孫が遊びに来て楽しいひとときを過ごした後、ふと一人に なってじんわり幸せを噛みしめる時。
 ・何かを失ってしまい悲しみに暮れるが、会社の部下にはそんな姿を微塵も見せず一人行きつけのバーへ。
  その男の心を理解しているのは今もバーのマスターだけ・・・ってな時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Harry's Bar
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

それでもEMUSICでいくぜ!

Header_logo

Napsterサービスがついに始まった。
ここはEMUSICと違ってメジャー中心で球数揃ってるね。
でもさ〜、クレジットカード番号受け付けてくれないんですけど!!
iPodに対応してないんですけど!!!
てかMacに対応してないんですけど!!!!!
もうね、この時点でウ○コですよ。
でも価格的にはスンゲ〜魅力ではあるな。
ダウソし放題って事はよ、いくらセキュリティ強化したフォーマットと言えどCDに焼いちまったらコピーフリーじゃね〜か?
iPod対応してなくてもCDに焼けりゃiTunesに取り込めちまうんじゃね〜か?
何だかどこかに落とし穴がありそうだな・・・
だって月々1280円ってことはアルバム1枚買うより安いくせに落とし放題?
どう考えてもCD潰しとしか思えん。
何せクレカ通らんから確認も出来ないんですけど!
って事で当面EMUSICでいくぜ!逆に変なアーティスト多いしw

しっかし誰かNapsterちゃんと使えてる人感想聞かせてplz!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 5日 (木)

Yell Fire! / Michael Franti And Spearhead

10943250_155_155

 

アルバム:Yell Fire! 
アーティスト:Michael Franti And Spearhead

  

 
Michael Frantiの完全新譜が登場だ!(日本でも9月20日リリースになったばかり)
元々この人ラップの人だった気がしたんだが、そのカリスマボイスと歌心からセカンドで完全に歌もの中心に・・・
そして今回どうなった!?
その内容は賛否両論。ここまでEMUSIC上の評価が割れる事も珍しい。
その答えはレゲエ
今回のMichael Frantiはレゲエだ。ただ元々政治色の濃い歌詞を歌ってたMichael。
いわゆる能天気で夏気分満載のレゲエではない。
ボブ・マーリー系というのか、そこはMichael流の解釈で料理されている。
元々得意としていたオーガニックソウルな曲もちゃんと入ってるから前からのファンも安心。
それじゃ皆一緒に!「コニチワ〜、コニチワ〜ワ〜
地元を愛する心に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・異国の地に行って現地の人に親切にされた時
 ・俺もいい加減改心しなきゃなと思いはじめた時
 ・旅に出てたアニキが10年ぶりに帰ってきたよ!・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
イェル・ファイア!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

Brighton Pier / The Smile

10812815_155_155

 

アルバム:Brighton Pier 
アーティスト:The Smile

  

 
全国のギターポップファンの皆さん、The Smileは聴いたか?
なに?そんなバンド知らんだと!
そりゃイカン!すぐにコレを聴きなさい。
大体ジャケのかわいらしさからして出来の良いギタポアルバムであることを象徴してるではないか。
ディストーションのかかってないクリーンなサウンド爽やかなコーラス、そのくせちょっと物悲しい
ギタポに必要な要素全部入り!
青春の甘酸っぱさを思い出したい人に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・同級生のあの子を見ると何故かドキドキする・・・これって初恋?な時
 ・いつもバカやってる男同士で海行ってはしゃいでる時
 ・学園祭、皆で踊ったあの頃の光景がフラッシュバック・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
ま〜売ってないんだなこれが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

Timeless / Sergio Mendes

10898528_155_155

 

アルバム:Timeless 
アーティスト:Sergio Mendes

  

 
EMUSICがアナドレナイのは時々こういったこれってメジャーじゃん!というアルバムが掲載されること。
このアルバムもブラック・アイド・ピーズと競演したセルジオ・メンデスの最新盤だ。
今紹介してはいるが実際米国リリースにタイミングを合わせEMUSICでもアップ。
普通にダウンロード出来るんだな。こんなのがアップされたらこれ1枚で元が取れたってもんだ。
で、肝心の内容だが・・原曲の良さにB.E.P.他ゲストによるカッコイイ調味料が加わって今の若者も「いいね」と言えるボサノバになっている。
まぁ、原曲ファンにはちと過剰なアレンジかもしれんが・・・
あいつにボサノバの良さを教え込むのに・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・横浜の小洒落た住宅街を歩きながら
 ・クイズのシンキング・タイムに
 ・今日のお昼どこにしよっか〜と彼女と歩いてる時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 タイムレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

車でiPod

F8z049 もう2年くらい前から車でiPodを聴いてる。
それまでは車に乗るたびにCDが20枚くらい入ったケースを「ウンショ、ウンショ」と運んでたのね。
「車に積みっぱなしにしときゃいいじゃん!」って言われそうだが、それはおいらには許されない事。
毎回出かける時には行き先変わるし、聴きたい曲も変わるじゃん!
20枚程度のCDじゃ「この場所でこの曲」ってのがチョイス出来なかったりするわけよ。(←そんなん俺だけ?)
これがiPodの車載キットで変わった。おいらのは写真にあるようなスッキリタイプじゃなくて1世代前のちとゴテっとしたタイプ。FMで飛ばすようになってて全然音は良くないけどとにかく楽で便利。(←それでいいのか?という説アリ)

iPodって曲ごとにレートが付けられるようになってるじゃん?
これを使っていくとSpecial iPodが出来上がって行くのだ。
その時旬なアルバムをまずは丸ごとiPodへ・・・
車で再生中に「コレ最高」な曲には星4つ以上付ける。
逆に「コレいらね」な曲には星3つ以下
家に帰って星3つ以下を迷わずiPodから削除(←意外と勇気がいるゾ)
これを繰り返して行くと気に入った曲だらけのSpecial iPodになるのだ。
え?別に車じゃなくてもええやんけ?ハイ、ごもっとも。
iPod NANOとかならね〜、その場でいじるのも楽だけど、おいらのは第3世代のiPod。
電車で鞄から出すのが面倒いのでもっぱら車でチェックしとるのですわ。

そんなこんなで今やたまったお気に入りソングをシャッフルして聴くのが基本。
iPodによってシャッフルで聴く癖がついちゃったんだが弊害が・・・
アーティストのアルバムを通して聴くことが減って全体としての善し悪しが分かりにくくなった!!
アルバムとしてどうだったっけ?って思ったらもう数曲バッサリ削除しちゃってるから( ̄▽ ̄;)
というわけでこのレビューサイトを立ち上げると同時にアルバムで聴くようにしました。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ