2006年10月27日 (金)

Outubro / Azymuth

10961297_155_155

 

アルバム:Outubro 
アーティスト:Azymuth 

  

 
やった、ついにやったぜEMUSIC!
Azymuthのアルバムは結構揃ってるEMUSICだったんだが、このOutubroとLight as a featherの2枚はなぜかアップされてなかったのだ。
それが今回ついにアップ。おいらはコレをもの凄く切望していたのだ。
何故って?そりゃアンタ、クロスオーバーイレブンだからでしょ。
その昔、NHK FMで平日夜11時から始まるクロスオーバーイレブンを聴くのが日課だったおいらにとってオープニングテーマである"Fly over the horizon"は超想い出の曲。
もう出だしを聴いただけで津嘉山 正種の声が聞こえてくる。

街も深い眠りに入り
今日もまた 一日が終わろうとしています・・

なんてね。
原曲はLight as a featherに収録されている方だけど、Outubroを選んでるのはこの中のFly over the horizonはちゃんと最後まで演奏したテイクになってるから。
エンディングで使われてたOctoberも入ってるしね。
この1曲だけは夜の都会に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夜11時から
 ・夜の高速道路で摩天楼をバックに滑るように駆け抜ける時
 ・寝る前にちょっとしたショートストーリーを語りたくなった時 

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Outubro

| | コメント (20) | トラックバック (2)

2006年10月22日 (日)

Borne / Borne

10870082_155_155

 

アルバム:Borne 
アーティスト:Borne 

  

 
とりあえず最初に聞いとくがコイツは女?それとも男?
声だけ聞くと間違いなく女。
でも昔AirSupplyのように女みてぇな声出す男いたからなぁ・・・
とWEBサイトで検索しまくるも殆ど情報無いのよコレ。
このアルバムの出来を見る限り結構な才能を持ってると思うんだけどな。
で、色々探してたらMichael Mewborneなる人物を発見。
このアルバムの曲を書いてるってことから見つけたんだが、どうやら本人のようだ。
というわけででした。
基本的にはアコギ中心のちょっと年齢層は高めのロック。
"It's Not Enough"なんかは傷ついた若者のようなメロディを奏でつつも途中のブレイクで救われるようなフレーズを入れたりとやはり曲の作り方は勝手知ったる大人だ。
元々女だと思ってたから骨太なロックやるね〜なんて思ってたけど、男だって分かった途端「もう少し太い声出せやコラァ!」などと勝手な事を思っちったよ。
目をつぶって女だと思ってみ?ほらね・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・遥かなる大地をグルッと一周眺めている時
 ・土煙舞う砂漠で
 ・新しいガールズロックを味わいたい時(←だから違うって!)

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Borne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

Waltz For Debby / Bill Evans

10591685_155_155

 

アルバム:Waltz For Debby 
アーティスト:Bill Evans 

  

 
誰もが知るJAZZの超名盤、ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーだ!
おいらは決してJAZZを語れる程聴いてる訳じゃないがコイツはもう別格。
世の中の雰囲気の良い喫茶店には常備されてるに違いない。
それほどまでに気持ちが良くて、スウィングしてて、ちょっと悲しくて・・・
秋の落ち葉が似合う最高のアルバムだ!
普段JAZZを聴かない人もこれは聴いておくべし。
さらにBill Evans好きなアナタ、EMUSICには40枚以上のBill Evansアルバムがあるぞ!
JAZZピアノの神・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・秋の紅葉シーズンに落ち着いた喫茶店でコーヒー飲みながら
 ・今夜は二人でちょっと高めのディナーを・・・な時
  (何故か飯がうまく感じる効果もアリ)
 ・箱根彫刻の森美術館で

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Waltz for Debby

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Emilio Santiago / Emilio Santiago

10892969_155_155_1

 

アルバム:Emilio Santiago 
アーティスト:Emilio Santiago 

  

 
なんといってもこの声!低くてよく通る、しかもセクシー
サウンドはボサノバをベースとした大人のポップ
雰囲気的にはDJAVANのようなブラジル系。
夏の太陽の下、湿度は低く気持ちの良い風が吹いている感じ。
しかしTrack3と10のスローな2曲は何ともイヤラシイ
他人が歌えば全然そんな事は無いと思うがコイツが歌うと・・・いやらすぃ
声のカリスマを感じたい貴女に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夏の太陽を浴びながらもちょっと涼しい・・そんな日に
 ・沈み行く太陽を見ながらHな事を考えてる二人に
 ・いやいやもっとクリーンですよ、昼食をルンルン気分で作りながら

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Emilio Santiago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

Copasetik & Cool / Hil St. Soul

10826000_155_155

 

アルバム:Copasetik & Cool 
アーティスト:Hil St. Soul 

  

 
ベースラインがセクシーだねぇ。
確実に腰が揺れるグルーヴ感、ゴスペル育ち(かどうか知らんが)の声、どれをとってもメジャー級
アイズレーのほぼ原曲に忠実なカバーも如何にリスペクトしているかが分かる。
てか"For the Love of You"のカバーかよ〜!もうおいらノックアウト。
Alrightのブレイクからサビに続く展開なんかゾクゾクもんだ。
おいら的なクライマックスは"pieces"で早くも到達。
これ聴きながら笑い泣きするような感情に見舞われるのだ。
ゆるめのグルーヴで踊りたい時に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・ちょっと年齢高めの集まるクラブで。
 ・嬉しくて泣きたい気持ちの時に"Pieces"
 ・夜の六本木。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Copasetik & Cool
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

Napsterはやっぱり

どうやらNapsterはJ○ccsのVISAカードが通らないらしい。
会社の同僚も同じ症状で登録出来なかった模様。
でもってその後色々と聞いたり、読んだりしたところ・・・
Napsterの基本サービスって期間制限アリの聞き放題サービスなのね。
ずっと取っておけるのはアラカルトとか言うサービスの方で、これは普通に1曲幾らで買い取るタイプ。
しかも210円平均って高くね〜か
まぁ、一過性で流行ものをその都度聞ければいい人に取っては最高のサービス。
でもおいらのように、行く行くは子供にも聞かせちゃろうって考えてるようなコレクターには不向き。

というわけで・・・やっぱEMUSICでいくわ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

Modern Gameplay / sprites

10954507_155_155

 

アルバム:Modern Gameplay 
アーティスト:sprites 

  

 
スプライツのこのアルバムに入っている1曲がネットで密かに話題になってるらしい。
その名も"I Started A Blog Nobody Read"、誰も読まないブログ始めたよ・・・ってそれこのブログみたいですからっ!!
ついに曲の歌詞にブログって単語が出る時代になったんだな〜(シミジミ)
ちょっと前に歌詞で"ダブダブダブホゲホゲドッコ〜ム"なんて歌ってるのを聞いて「お〜歌ん中でURL言ってるよ〜!」と興奮したかと思いきや今やブログ。
曲はアルバム全編通して純粋無垢なギターポップ
歌詞はHi-Fiだけど曲はLo-Fiみたいなギャップがほのぼの感を増幅してて意味も無く顔がニヤける感じ。
そして何とこの歌詞の訳詞を載せてるサイトがあった!
おいらも好きなアルバム100枚紹介目指すかw
ギタポアルバムとしての出来は佳作レベルなので・・・NOT a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・おしゃれとは無縁な学生連中が原っぱへ遊びに行く時。
 ・ブログに客が来なくてちょっと寂しい時。(←俺だ!) 
 ・学校の宿題が終わってないんだけど、つい遊んじゃうこの瞬間。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Modern Gameplay
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月14日 (土)

Gosto Tanto / Edson & Tita

10892962_155_155

 

アルバム:Gosto Tanto 
アーティスト:Edson & Tita 

  

 
ボサノバって休日だよな!(キッパリ)
ボサノバ聴いて泣くとか興奮するとかってまず聞いた事無い。
BGMとして鳴ってて最高に気持ちのいいJAZZサンバ
ともすればその気持ちよさ故に記憶にも残らない事の多いボサノバというジャンル。
間違いなくこのEdson & Titaに関してもお昼にお茶をすすりながら流すのに最高のサウンドである。
それじゃ記憶に残るようなアルバムなのか!?
曲はそれぞれキャッチーなメロディを含んでるので歌としても分かりやすい。
でも何故か記憶に残らないんだよな〜、なんでだろ?
日曜の昼に最高のBGM・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・休日オープンテラスの喫茶店で。
 ・休日お庭の手入れをしながら。 
 ・休日森の中でハンモックに揺られながら。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

Beta / Hotspur

10954290_155_155

 

アルバム:Beta 
アーティスト:Hotspur 

  

 
なんだか温かそうなバンド名だな。(←それはSpaじゃ・・・)
Hotspurは訳すと「向こう見ず」らしい。
曲を聴いて納得。まるで若さが暴走しているようなサウンド。
オルタナ系ではあるもののメロディセンスが抜群にいいので来年のフジロックなんかに出てそうだな。
どうやらデビューアルバムのようで知名度は全く無いが、このハードドライブ感、緩い曲は一切入れない潔さ、全ての曲を4分未満に抑えながらも必ずその中にグイッと引きつけるキャッチーなメロディを盛り込んで破壊力十分な1枚になっている。 
大人なんか大っ嫌いな反抗期の君に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・社会の仕組みってヤツに納得がいかず校舎を飛び出した瞬間。
 ・黒のレザーもしくはスーツでビシッとキメた男5人くらいが横並びで路を歩く時(どんな集まりか知らんが・・)
 ・殆ど首都高バトルな勢いでドライブしている時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

1曲目のインパクトが大事

Nav2on
EMUSICがひと月にアップするアルバムの数はシングル、ミニアルバム含めてざっと1万枚!
例えば今"New this month"コーナーをみるとリンクが798となっている。
1ページあたり15枚のアルバムが掲載されているから798x15=11970枚なわけだ。
もちろん世に出ているメジャーアルバムはさらにゴマンとあるだろうから如何に世の中CDだらけかってことが分かる。
俺たちはよく有名アーティストを見て「あんな風になりて〜な〜」とか、「あれくらいの曲なら寝ながらでも書けるゼ」なんて事をほざいたりする。
でもね、こんだけ世の中に曲があふれていると余程突出した何かが無いとヒットはおろかデビューすら出来ないんだろな。
おいらは音楽業界の人では無いんだが、このEMUSICにアップされる新譜をチェックするのにかける時間はアルバム1枚あたり平均1〜2分くらい。
試聴時間が30秒ってのもあるけど、頭の10数秒を2,3曲流してピンとくるかどうかが勝負。
もちろんカテゴリ的に受け付けないものは聴かずに飛ばしちゃうけどね。
恐らく世の音楽をお仕事にしているプロデューサーなんかも、デビューを目指してるアーティスト達を同じように聞き流しながらピンとくるかどうかで見極めてるんじゃないかな。
それで考えると作品って1曲目のインパクトがもの凄く大事だよな。
何せ2曲目を聴いてもらえるかどうかは1曲目にかかってるから。
一番自信のある曲は最後に持ってきましたとかだと聴いてもらえないかもよ。
今デビューを目指してる人とか、これからアルバムを出そうとしてる人は1曲目を大事にするべし!
・・・って、別に業界の人じゃ無いから全然違うかもしれんけどね( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)