2006年10月22日 (日)

Borne / Borne

10870082_155_155

 

アルバム:Borne 
アーティスト:Borne 

  

 
とりあえず最初に聞いとくがコイツは女?それとも男?
声だけ聞くと間違いなく女。
でも昔AirSupplyのように女みてぇな声出す男いたからなぁ・・・
とWEBサイトで検索しまくるも殆ど情報無いのよコレ。
このアルバムの出来を見る限り結構な才能を持ってると思うんだけどな。
で、色々探してたらMichael Mewborneなる人物を発見。
このアルバムの曲を書いてるってことから見つけたんだが、どうやら本人のようだ。
というわけででした。
基本的にはアコギ中心のちょっと年齢層は高めのロック。
"It's Not Enough"なんかは傷ついた若者のようなメロディを奏でつつも途中のブレイクで救われるようなフレーズを入れたりとやはり曲の作り方は勝手知ったる大人だ。
元々女だと思ってたから骨太なロックやるね〜なんて思ってたけど、男だって分かった途端「もう少し太い声出せやコラァ!」などと勝手な事を思っちったよ。
目をつぶって女だと思ってみ?ほらね・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・遥かなる大地をグルッと一周眺めている時
 ・土煙舞う砂漠で
 ・新しいガールズロックを味わいたい時(←だから違うって!)

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Borne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

Copasetik & Cool / Hil St. Soul

10826000_155_155

 

アルバム:Copasetik & Cool 
アーティスト:Hil St. Soul 

  

 
ベースラインがセクシーだねぇ。
確実に腰が揺れるグルーヴ感、ゴスペル育ち(かどうか知らんが)の声、どれをとってもメジャー級
アイズレーのほぼ原曲に忠実なカバーも如何にリスペクトしているかが分かる。
てか"For the Love of You"のカバーかよ〜!もうおいらノックアウト。
Alrightのブレイクからサビに続く展開なんかゾクゾクもんだ。
おいら的なクライマックスは"pieces"で早くも到達。
これ聴きながら笑い泣きするような感情に見舞われるのだ。
ゆるめのグルーヴで踊りたい時に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・ちょっと年齢高めの集まるクラブで。
 ・嬉しくて泣きたい気持ちの時に"Pieces"
 ・夜の六本木。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Copasetik & Cool
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

Modern Gameplay / sprites

10954507_155_155

 

アルバム:Modern Gameplay 
アーティスト:sprites 

  

 
スプライツのこのアルバムに入っている1曲がネットで密かに話題になってるらしい。
その名も"I Started A Blog Nobody Read"、誰も読まないブログ始めたよ・・・ってそれこのブログみたいですからっ!!
ついに曲の歌詞にブログって単語が出る時代になったんだな〜(シミジミ)
ちょっと前に歌詞で"ダブダブダブホゲホゲドッコ〜ム"なんて歌ってるのを聞いて「お〜歌ん中でURL言ってるよ〜!」と興奮したかと思いきや今やブログ。
曲はアルバム全編通して純粋無垢なギターポップ
歌詞はHi-Fiだけど曲はLo-Fiみたいなギャップがほのぼの感を増幅してて意味も無く顔がニヤける感じ。
そして何とこの歌詞の訳詞を載せてるサイトがあった!
おいらも好きなアルバム100枚紹介目指すかw
ギタポアルバムとしての出来は佳作レベルなので・・・NOT a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・おしゃれとは無縁な学生連中が原っぱへ遊びに行く時。
 ・ブログに客が来なくてちょっと寂しい時。(←俺だ!) 
 ・学校の宿題が終わってないんだけど、つい遊んじゃうこの瞬間。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Modern Gameplay
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月14日 (土)

Gosto Tanto / Edson & Tita

10892962_155_155

 

アルバム:Gosto Tanto 
アーティスト:Edson & Tita 

  

 
ボサノバって休日だよな!(キッパリ)
ボサノバ聴いて泣くとか興奮するとかってまず聞いた事無い。
BGMとして鳴ってて最高に気持ちのいいJAZZサンバ
ともすればその気持ちよさ故に記憶にも残らない事の多いボサノバというジャンル。
間違いなくこのEdson & Titaに関してもお昼にお茶をすすりながら流すのに最高のサウンドである。
それじゃ記憶に残るようなアルバムなのか!?
曲はそれぞれキャッチーなメロディを含んでるので歌としても分かりやすい。
でも何故か記憶に残らないんだよな〜、なんでだろ?
日曜の昼に最高のBGM・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・休日オープンテラスの喫茶店で。
 ・休日お庭の手入れをしながら。 
 ・休日森の中でハンモックに揺られながら。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

Subtitulo / Josh Rouse

10909040_155_155

 

アルバム:Subtitulo 
アーティスト:Josh Rouse

  

 
今や日本でも作品がリリースされ始め、メジャーへの階段を上り始めたジョシュ・ラウズ2006年3月リリースのアルバム。
夏でもなければ冬でもない、全編通して暖かい風が吹いてるようなアルバム。
特に1曲目の"Quiet Town"、俺が倉本 聰だったら「北の国から」で北海道に春がやってくるシーンで使うな、ウン絶対使う。
この暖かさはアコギのアルペジオをバックに歌うジョシュ・ラウズのメロディが優しさに満ちてるからに違いない。
全10曲全てが2分から3分台で結構あっけなく終わってしまう所も春や秋の短さが出てるね(←酔い過ぎ)
元々いいメロディを書くヤツだったんだけど、このアルバムでその才能が一気に花開いたと断言する!
スペインでの影響がこんなにもメロディを暖かくするのなら俺も行きて〜!
既に心穏やかな人に対するリラクゼーションミュージック・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・春!
 ・故郷の田舎にある山で子供たちと一緒に遊んでる幸せ家族。
 ・港町で朝散歩してたらおばあちゃんから声をかけられた。
  「おはようさん、朝早くにお出かけかい?それじゃこれ持ってけ」
  アジの干物だった。昼に腹が減った俺は一口その干物を口へ・・・
  「うめぇよ、ばあちゃん」
  それだけの事、でも心に暖かいものを感じた・・・時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Subtitulo
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

Yell Fire! / Michael Franti And Spearhead

10943250_155_155

 

アルバム:Yell Fire! 
アーティスト:Michael Franti And Spearhead

  

 
Michael Frantiの完全新譜が登場だ!(日本でも9月20日リリースになったばかり)
元々この人ラップの人だった気がしたんだが、そのカリスマボイスと歌心からセカンドで完全に歌もの中心に・・・
そして今回どうなった!?
その内容は賛否両論。ここまでEMUSIC上の評価が割れる事も珍しい。
その答えはレゲエ
今回のMichael Frantiはレゲエだ。ただ元々政治色の濃い歌詞を歌ってたMichael。
いわゆる能天気で夏気分満載のレゲエではない。
ボブ・マーリー系というのか、そこはMichael流の解釈で料理されている。
元々得意としていたオーガニックソウルな曲もちゃんと入ってるから前からのファンも安心。
それじゃ皆一緒に!「コニチワ〜、コニチワ〜ワ〜
地元を愛する心に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・異国の地に行って現地の人に親切にされた時
 ・俺もいい加減改心しなきゃなと思いはじめた時
 ・旅に出てたアニキが10年ぶりに帰ってきたよ!・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
イェル・ファイア!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

Brighton Pier / The Smile

10812815_155_155

 

アルバム:Brighton Pier 
アーティスト:The Smile

  

 
全国のギターポップファンの皆さん、The Smileは聴いたか?
なに?そんなバンド知らんだと!
そりゃイカン!すぐにコレを聴きなさい。
大体ジャケのかわいらしさからして出来の良いギタポアルバムであることを象徴してるではないか。
ディストーションのかかってないクリーンなサウンド爽やかなコーラス、そのくせちょっと物悲しい
ギタポに必要な要素全部入り!
青春の甘酸っぱさを思い出したい人に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・同級生のあの子を見ると何故かドキドキする・・・これって初恋?な時
 ・いつもバカやってる男同士で海行ってはしゃいでる時
 ・学園祭、皆で踊ったあの頃の光景がフラッシュバック・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
ま〜売ってないんだなこれが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

Timeless / Sergio Mendes

10898528_155_155

 

アルバム:Timeless 
アーティスト:Sergio Mendes

  

 
EMUSICがアナドレナイのは時々こういったこれってメジャーじゃん!というアルバムが掲載されること。
このアルバムもブラック・アイド・ピーズと競演したセルジオ・メンデスの最新盤だ。
今紹介してはいるが実際米国リリースにタイミングを合わせEMUSICでもアップ。
普通にダウンロード出来るんだな。こんなのがアップされたらこれ1枚で元が取れたってもんだ。
で、肝心の内容だが・・原曲の良さにB.E.P.他ゲストによるカッコイイ調味料が加わって今の若者も「いいね」と言えるボサノバになっている。
まぁ、原曲ファンにはちと過剰なアレンジかもしれんが・・・
あいつにボサノバの良さを教え込むのに・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・横浜の小洒落た住宅街を歩きながら
 ・クイズのシンキング・タイムに
 ・今日のお昼どこにしよっか〜と彼女と歩いてる時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 タイムレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

Coming Home / Brooke

10810790_155_155

 

アルバム:Coming Home 
アーティスト:Brooke

  

 

2003年リリースのこのアルバム。
20%のラップテイストに90%のポップなメロディを乗せてます(←100%超えてんじゃね〜か!)
スタイルは新しめなのにメロディは80年代を彷彿させたりして世の30代にも受けるんじゃないか?
本人もその頃の曲に影響を受けているようでシンディ・ローパーの"Time after time"をカバーしてたり。あ、今「俺はフーターズのセルフカバーの方が好きだな」と言ったアンタは通だ!
その中でも"Coming Home"の出来は秀逸。
誰もが前向きに顔を上げる事が出来る優れソング。
現在進行形で青春まっただ中な人にとって、a mustな1枚。

■お薦めのシチュエーション■
 ・付き合い始めて幸せまっただ中、不安なんて1つもない二人に
 ・フットルースとかフラッシュダンスを聴きながら「あの頃は良かった」とか
  言っている人たちに「2000年代も捨てたもんじゃないぜ」と聴かせる
 ・昼間ちょっと開けた町並みを大股で歩く時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 カミング・ホーム(通常盤)(CCCD)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

On A Journey / Marie N

10929229_155_155

アルバム:On A Journey
アーティスト:Marie N 

  

 

世のOLさん達はこれ聞きなさい。
ワークシャイが好きな人、これ聞きなさい。
ちょっと照れくさいくらいAOR。
程よくJAZZのテイストも含み、サラッとBGMで流せるようなサウンドだがかなり心をグイッと掴むメロディが詰まってるんだな。
もの静かなピアノの弾き語りで泣かせる曲あり、小粋なJAZZあり、王道AORありで・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・中央高速に乗ったはいいが、ここでユーミンの中央フリーウェイは恥ずかしいな〜な時。
 ・アダルトな女性がちょっとかわいいイタズラをしちゃう時
 ・あの人とつきあい始めてもう2年、でも私の心は満たされぬまま・・だってあの人には妻がいるの。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 On a Journey

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧