2006年10月12日 (木)

Beta / Hotspur

10954290_155_155

 

アルバム:Beta 
アーティスト:Hotspur 

  

 
なんだか温かそうなバンド名だな。(←それはSpaじゃ・・・)
Hotspurは訳すと「向こう見ず」らしい。
曲を聴いて納得。まるで若さが暴走しているようなサウンド。
オルタナ系ではあるもののメロディセンスが抜群にいいので来年のフジロックなんかに出てそうだな。
どうやらデビューアルバムのようで知名度は全く無いが、このハードドライブ感、緩い曲は一切入れない潔さ、全ての曲を4分未満に抑えながらも必ずその中にグイッと引きつけるキャッチーなメロディを盛り込んで破壊力十分な1枚になっている。 
大人なんか大っ嫌いな反抗期の君に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・社会の仕組みってヤツに納得がいかず校舎を飛び出した瞬間。
 ・黒のレザーもしくはスーツでビシッとキメた男5人くらいが横並びで路を歩く時(どんな集まりか知らんが・・)
 ・殆ど首都高バトルな勢いでドライブしている時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

Yell Fire! / Michael Franti And Spearhead

10943250_155_155

 

アルバム:Yell Fire! 
アーティスト:Michael Franti And Spearhead

  

 
Michael Frantiの完全新譜が登場だ!(日本でも9月20日リリースになったばかり)
元々この人ラップの人だった気がしたんだが、そのカリスマボイスと歌心からセカンドで完全に歌もの中心に・・・
そして今回どうなった!?
その内容は賛否両論。ここまでEMUSIC上の評価が割れる事も珍しい。
その答えはレゲエ
今回のMichael Frantiはレゲエだ。ただ元々政治色の濃い歌詞を歌ってたMichael。
いわゆる能天気で夏気分満載のレゲエではない。
ボブ・マーリー系というのか、そこはMichael流の解釈で料理されている。
元々得意としていたオーガニックソウルな曲もちゃんと入ってるから前からのファンも安心。
それじゃ皆一緒に!「コニチワ〜、コニチワ〜ワ〜
地元を愛する心に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・異国の地に行って現地の人に親切にされた時
 ・俺もいい加減改心しなきゃなと思いはじめた時
 ・旅に出てたアニキが10年ぶりに帰ってきたよ!・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
イェル・ファイア!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

Timeless / Sergio Mendes

10898528_155_155

 

アルバム:Timeless 
アーティスト:Sergio Mendes

  

 
EMUSICがアナドレナイのは時々こういったこれってメジャーじゃん!というアルバムが掲載されること。
このアルバムもブラック・アイド・ピーズと競演したセルジオ・メンデスの最新盤だ。
今紹介してはいるが実際米国リリースにタイミングを合わせEMUSICでもアップ。
普通にダウンロード出来るんだな。こんなのがアップされたらこれ1枚で元が取れたってもんだ。
で、肝心の内容だが・・原曲の良さにB.E.P.他ゲストによるカッコイイ調味料が加わって今の若者も「いいね」と言えるボサノバになっている。
まぁ、原曲ファンにはちと過剰なアレンジかもしれんが・・・
あいつにボサノバの良さを教え込むのに・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・横浜の小洒落た住宅街を歩きながら
 ・クイズのシンキング・タイムに
 ・今日のお昼どこにしよっか〜と彼女と歩いてる時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 タイムレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

Coming Home / Brooke

10810790_155_155

 

アルバム:Coming Home 
アーティスト:Brooke

  

 

2003年リリースのこのアルバム。
20%のラップテイストに90%のポップなメロディを乗せてます(←100%超えてんじゃね〜か!)
スタイルは新しめなのにメロディは80年代を彷彿させたりして世の30代にも受けるんじゃないか?
本人もその頃の曲に影響を受けているようでシンディ・ローパーの"Time after time"をカバーしてたり。あ、今「俺はフーターズのセルフカバーの方が好きだな」と言ったアンタは通だ!
その中でも"Coming Home"の出来は秀逸。
誰もが前向きに顔を上げる事が出来る優れソング。
現在進行形で青春まっただ中な人にとって、a mustな1枚。

■お薦めのシチュエーション■
 ・付き合い始めて幸せまっただ中、不安なんて1つもない二人に
 ・フットルースとかフラッシュダンスを聴きながら「あの頃は良かった」とか
  言っている人たちに「2000年代も捨てたもんじゃないぜ」と聴かせる
 ・昼間ちょっと開けた町並みを大股で歩く時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 カミング・ホーム(通常盤)(CCCD)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

Set The Tone LP / Nate James

10895413_155_155

 

アルバム:Set The Tone LP
アーティスト:Nate James

  

 

それじゃ〜最初のEMUSICお薦めアーティストを・・・っておぃおぃNate Jamesかよ!
今やバリバリメジャーじゃん!
そ〜なのよ、EMUSICは才能や可能性の宝庫。
明日のBigStarもアップされてたりする訳だ。
で、このNate JamesのファーストをEMUSICで発見した時はおいら震えたね。
感触としてはJamiroquaiのファーストを初めて聞いた時に近いな。
朝から夜までオールマイティに対応出来るこのアルバム。a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・ビシッと白スーツで決めた4人組の男が踊りながら女を口説く様子
 ・バイクにエンジンをかけ首都高を抜けて高原までひた走る
 ・意味も無く腰を振っているヤツを見かけた時のBGM

■EMUSIC入ってない人はここで■
セット・ザ・トーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)