2006年10月14日 (土)

Gosto Tanto / Edson & Tita

10892962_155_155

 

アルバム:Gosto Tanto 
アーティスト:Edson & Tita 

  

 
ボサノバって休日だよな!(キッパリ)
ボサノバ聴いて泣くとか興奮するとかってまず聞いた事無い。
BGMとして鳴ってて最高に気持ちのいいJAZZサンバ
ともすればその気持ちよさ故に記憶にも残らない事の多いボサノバというジャンル。
間違いなくこのEdson & Titaに関してもお昼にお茶をすすりながら流すのに最高のサウンドである。
それじゃ記憶に残るようなアルバムなのか!?
曲はそれぞれキャッチーなメロディを含んでるので歌としても分かりやすい。
でも何故か記憶に残らないんだよな〜、なんでだろ?
日曜の昼に最高のBGM・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・休日オープンテラスの喫茶店で。
 ・休日お庭の手入れをしながら。 
 ・休日森の中でハンモックに揺られながら。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonに頼ってはいけない。EMUSICかiTunes Music Storeでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

Sometimes Late at Night / Carole Bayer Sager

10747148_155_155

 

アルバム:Sometimes Late at Night 
アーティスト:Carole Bayer Sager

  

 
プロデュースがバート・バカラックですぜ旦那。
最初っから出来はお墨付きってもんだ。
え?何?バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーは夫婦だった?
ふ〜ん、だからこんなに甘々ラブラブな雰囲気なのね。
ゲストもそうそうたるもんで、リー・リトナー、デビッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、スティーブ・ルカサーなどなど、プロデューサーにはマイケル・ジャクソンの名前もあるじゃないか!ポ〜ゥ!(←意味無し)
ゲストを見て分かる通りもの凄く質の高いAOR、バカラック節の人の心をグイッと掴んで離さないメロディもあり捨て曲無し!
とにかく歌に感動したい人の為の・・・a mustな1枚

■お薦めのシチュエーション■
 ・「愛とは何か」を確かめたくなった時
 ・夕方海辺で沈み行く太陽と波を見ながら
 ・勇気を振り絞ってプロポーズする彼氏に対して
  「うん」とだけ恥ずかしそうに答える彼女・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 真夜中にくちづけ
(←そんな邦題だったのか!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

On A Journey / Marie N

10929229_155_155

アルバム:On A Journey
アーティスト:Marie N 

  

 

世のOLさん達はこれ聞きなさい。
ワークシャイが好きな人、これ聞きなさい。
ちょっと照れくさいくらいAOR。
程よくJAZZのテイストも含み、サラッとBGMで流せるようなサウンドだがかなり心をグイッと掴むメロディが詰まってるんだな。
もの静かなピアノの弾き語りで泣かせる曲あり、小粋なJAZZあり、王道AORありで・・a must.

■お薦めのシチュエーション■
 ・中央高速に乗ったはいいが、ここでユーミンの中央フリーウェイは恥ずかしいな〜な時。
 ・アダルトな女性がちょっとかわいいイタズラをしちゃう時
 ・あの人とつきあい始めてもう2年、でも私の心は満たされぬまま・・だってあの人には妻がいるの。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 On a Journey

| | コメント (0) | トラックバック (0)