2006年10月20日 (金)

Emilio Santiago / Emilio Santiago

10892969_155_155_1

 

アルバム:Emilio Santiago 
アーティスト:Emilio Santiago 

  

 
なんといってもこの声!低くてよく通る、しかもセクシー
サウンドはボサノバをベースとした大人のポップ
雰囲気的にはDJAVANのようなブラジル系。
夏の太陽の下、湿度は低く気持ちの良い風が吹いている感じ。
しかしTrack3と10のスローな2曲は何ともイヤラシイ
他人が歌えば全然そんな事は無いと思うがコイツが歌うと・・・いやらすぃ
声のカリスマを感じたい貴女に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夏の太陽を浴びながらもちょっと涼しい・・そんな日に
 ・沈み行く太陽を見ながらHな事を考えてる二人に
 ・いやいやもっとクリーンですよ、昼食をルンルン気分で作りながら

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Emilio Santiago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

Brighton Pier / The Smile

10812815_155_155

 

アルバム:Brighton Pier 
アーティスト:The Smile

  

 
全国のギターポップファンの皆さん、The Smileは聴いたか?
なに?そんなバンド知らんだと!
そりゃイカン!すぐにコレを聴きなさい。
大体ジャケのかわいらしさからして出来の良いギタポアルバムであることを象徴してるではないか。
ディストーションのかかってないクリーンなサウンド爽やかなコーラス、そのくせちょっと物悲しい
ギタポに必要な要素全部入り!
青春の甘酸っぱさを思い出したい人に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・同級生のあの子を見ると何故かドキドキする・・・これって初恋?な時
 ・いつもバカやってる男同士で海行ってはしゃいでる時
 ・学園祭、皆で踊ったあの頃の光景がフラッシュバック・・・な時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
ま〜売ってないんだなこれが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

Honeymoon on Mars / Sleepy Joe Tomato

10892636_155_155

 

アルバム:Honeymoon on Mars 
アーティスト:Sleepy Joe Tomato

  

 
夜の海辺にリクライニングチェア。大きなヤシの木の下で波の音を聞きながら
ギター持って弾き語りしてる感じ。
大事なのは月明かりだけのシチュエーション。人工的な明かりはダメよ。
歌は決してうまくないのに味がある。
まさにハネムーンで海外リゾートに来ましたって雰囲気。
でもタイトル見ると火星までハネムーンで行っちゃってるから一筋縄では行かね〜ゾ。
二人で聴くも良し、一人でリラックスして聴くも良し、ビーチボーイズばりの
コーラスなんかで気分もホッとする事間違い無し!
1曲やる気の無いサーフィンサファリあるけどね・・・
夜、月明かりがきれいな海に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・だ〜から、月明かりの下の海岸だってば!それ以外無し

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
 これも売ってね〜のか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)