2006年10月21日 (土)

Waltz For Debby / Bill Evans

10591685_155_155

 

アルバム:Waltz For Debby 
アーティスト:Bill Evans 

  

 
誰もが知るJAZZの超名盤、ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーだ!
おいらは決してJAZZを語れる程聴いてる訳じゃないがコイツはもう別格。
世の中の雰囲気の良い喫茶店には常備されてるに違いない。
それほどまでに気持ちが良くて、スウィングしてて、ちょっと悲しくて・・・
秋の落ち葉が似合う最高のアルバムだ!
普段JAZZを聴かない人もこれは聴いておくべし。
さらにBill Evans好きなアナタ、EMUSICには40枚以上のBill Evansアルバムがあるぞ!
JAZZピアノの神・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・秋の紅葉シーズンに落ち着いた喫茶店でコーヒー飲みながら
 ・今夜は二人でちょっと高めのディナーを・・・な時
  (何故か飯がうまく感じる効果もアリ)
 ・箱根彫刻の森美術館で

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Waltz for Debby

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Emilio Santiago / Emilio Santiago

10892969_155_155_1

 

アルバム:Emilio Santiago 
アーティスト:Emilio Santiago 

  

 
なんといってもこの声!低くてよく通る、しかもセクシー
サウンドはボサノバをベースとした大人のポップ
雰囲気的にはDJAVANのようなブラジル系。
夏の太陽の下、湿度は低く気持ちの良い風が吹いている感じ。
しかしTrack3と10のスローな2曲は何ともイヤラシイ
他人が歌えば全然そんな事は無いと思うがコイツが歌うと・・・いやらすぃ
声のカリスマを感じたい貴女に・・・ a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・夏の太陽を浴びながらもちょっと涼しい・・そんな日に
 ・沈み行く太陽を見ながらHな事を考えてる二人に
 ・いやいやもっとクリーンですよ、昼食をルンルン気分で作りながら

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Emilio Santiago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

Black Box / Jann Klose

10813370_155_155

 

アルバム:Black Box 
アーティスト:Jann Klose

  

 
Jann Kloseの最新ミニアルバム。
最新といっても2004年リリースだからいい加減フルアルバム出して欲しいところだな。
ジャンルとしてはカントリーになるかもしれんがジャズやブルースのエッセンスが効いててそこらのフォーク・カントリーとは違いまっせ!
しかも声がいいよ。すんげ〜よく通る声で色気もある。
"It's not the way"聴いてみなさい、世の女性は確実に溶けます(←溶けるんかい!)
しかしミニアルバム、これだけでは生殺しだから・・・Not a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・マッチョなイケメンに周りを囲まれて挑発されるようなお店で。
 ・何故かアイツの動きが不穏だ。そこで俺はアイツの本性を暴くべくちょっとした罠をしかけてみたのさ。
  果たして白か黒か・・・どっちだ!な時
 ・東京で毒されかけた心を救ってくれたのはやっぱり生まれ故郷の皆だった。
  そして俺は帰ってきた・・な時。

■EMUSIC入ってない人はここで■
 
Amazonには無いね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

Harry's Bar / Gordon Haskell

10861523_155_155

 

アルバム:Harry's Bar 
アーティスト:Gordon Haskell

  

 
EMUSICで出会えて本当に良かったと思える1枚。
某SNSでも同じレビュー載せてるけどやっぱ紹介せずにはいられない。
まず「元キング・クリムゾン」という肩書きは完全に忘れて「初期ボビー・コールドウェルのお友達」くらいに考えて聞くべし!(←そりゃ無茶か!?)
要はJazzのエッセンスを加えた歌謡曲。(←そりゃAORだ!)
このアルバムを一言で表現すると「いぶし銀
この風貌からどんな音を出しそうか想像してみましょう。
ハイ、それ正解。見たまんまの渋い大人がバーでひっそり聴いてるような音。
一番のお勧めは「All In The Scheme Of Things
JR東日本のCMにでも使われそうな上品さと、大人の哀愁がこれでもかと言わんばかりに漂うのである。
こんなオヤジに憧れる世の大人に・・・a must

■お薦めのシチュエーション■
 ・孫が遊びに来て楽しいひとときを過ごした後、ふと一人に なってじんわり幸せを噛みしめる時。
 ・何かを失ってしまい悲しみに暮れるが、会社の部下にはそんな姿を微塵も見せず一人行きつけのバーへ。
  その男の心を理解しているのは今もバーのマスターだけ・・・ってな時

■EMUSIC入ってない人はここで■
 Harry's Bar
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)